賞金最大10億円
今秋TV番組化

選ばれたインフルエンサー100名に対してMINDOLトークン保有者が投票。ブロックチェーン技術による比例配分方式により選挙。総額最大10億円を100人で投票率に応じて獲得可能。つまり、投票率の上位者だけが賞金を獲得できるコンテスト形式とは異なりエントリー者は少なからず賞金をゲットできるでしょう。もちろん多数票を獲得できたインフルエンサーは1人で数億円をゲットできる可能性もあります。自身のブログやSNSでアピールしても良いですし、エントリー者のファンやコミュニティにトークンセールそのものに参加を促し得票のための選挙活動をして頂いても構いません。

CASE A

  • トークンセール参加総額が100億円だったと仮定
  • 賞金に充てられる割合は参加総額の10%10億円(100億円 x 10%)
  • Aさんに集まった得票率3%
  • Aさんの獲得賞金は3000万円(10億円 x 3%)

CASE B

  • トークンセール参加総額が70億円だったと仮定
  • 賞金に充てられる割合は参加総額の10%7億円(70億円 x 10%)
  • Bさんに集まった得票率15%
  • Bさんの獲得賞金は1億500万円(7億円 x 15%)

100人選抜

老若男女問わずインフルエンサー(あらゆる意味で影響力のある方)を募集。当ウェブサイト上からも募集をしております。多数の応募予想されているためMINDOLで厳正なる審査の上100名を最終的に選抜させて頂きます。

エントリー

第1期 選抜スケジュール

  • 募集人数:10名
  • 募集期間:4週間
  • 募集日程:2018年4月1日〜4月30日

第2期 選抜スケジュール

  • 募集人数:30名
  • 募集期間:2週間
  • 募集日程:2018年5月1日〜5月15日

第3期 選抜スケジュール

  • 募集人数:60名
  • 募集期間:2週間
  • 募集日程:2018年5月16日〜5月31日

不正ができない公正な選挙

MINDOLがトークンプラットフォームとして採用したCounterparty(XCP)の特性を最大限に活かします。ブロックチェーンベースの投票により「アナログ」投票で起こる多くの問題を回避できます。電子署名は正確なID識別と投票権を容易に認証することを可能にし、ブロックチェーン自体が改変できないため、誰がいつ投票したかは公正に公表されます。

TV番組化

当プロジェクトは、エンタメ系テレビ番組の企画制作の第1人者である 株式会社ロコモーション(代表者 テリー伊藤)を中心に、今秋からテレビ番組化する予定です。

また、番組のアドバイザーには、米国Forbes誌が選ぶ「Top 30 Social Salespeople In The World」で第4位に選ばれた、ソーシャルメディア戦略における世界のトップコンサルタント Neal Schaffer(ニール・シェーファー)が決定しており、プロジェクトに資金提供が決まったコンテンツをSNSを駆使したプロモーション展開で世界へ向けてアピールします。

ピコ太郎のPPAPが広まったのはジャスティン・ビーバーがツイッターでお気に入りとツィートとしたことが世界的なヒットに繋がりました。第2のピコ太郎をミンドルプロジェクトから生み出します。MINDOLは、才能を持つ人物を発掘し夢の実現を支援することで、様々なビジネスをグローバルに展開していきます。

番組の詳細については、決まり次第各メディアから告知させて頂きます。

募集要項

芸能人、モデル、事業家、夢を持っているが資金がなくて実現出来ていない方、目立ちたい方、フォロワー1万人以上の方、何かの主義主張を訴えたい方、自分の世界観を世の中に広めていきたい方、老若男女問わず募集しております。

応募後は頂いたIDを確認し、インフルエンサーとしての適性を審査させて頂き、審査通過後は最終面接へとご案内いたします。審査結果のご連絡は採用候補者のみに送らせて頂きます。


エントリーフォーム
ファイル①②③はアピールするための写真やドキュメントを送るためにご自由にお使いください。

エントリー規約
個人情報保護方針