MINDOLプロジェクト概要

本プロジェクトは、第一線で活躍する著名プロデューサー(ビジネス、テレビ、映画、アニメ、音楽、出版等)を中心に、優れた才能、企画、アイディアをもつ人材と支援者を結びつけることで、支援者参加型の新たなコンテンツ制作スタイルの創造と高収益事業の推進に努め、我が国のコンテンツ産業界活性化の牽引役となることを目的とする。


本プロジェクトで推進する事業は以下のとおり。

  • コンテンツ製作事業(テレビ番組、映画、アニメ、音楽、ゲーム)
  • プロダクション事業(タレント育成)
  • オリジナルグッズの開発、販売事業
  • 出版事業(同人誌、海外向け翻訳など)
  • イベント事業(コミケ、オーディション、声優カフェなど)
  • 著作権管理事業

さらに、本プロジェクトに参加する全てのメンバーが情報を共有し、あらゆるサービスを享受できるマーケットプレイス(仮称eMINDOL)を順次構築していく計画である。

我々は、これらを実現するために、本プロジェクトの賛同者に対してMINDOLトークンセールを実施する。


スタート時のプロジェクト


インフルエンサー投票 

  • 選ばれたインフルエンサー100名に対してトークン保有者が投票。比例配分方式により総額最大10億円を100人で競い合う。多数票を獲得できたインフルエンサーは1人で数億円ゲットできる可能性も!!
    エンタメ系テレビ番組の企画制作の第1人者である 株式会社ロコモーション(代表者 テリー伊藤)を中心に、今秋からMINDOL地上波TV番組「日本応援プロジェクト」を開始予定です。また当番組のアドバイザーには、ソーシャルメディア戦略における世界のトップコンサルタント Neal Schaffer(ニール・シェーファー)が決定しており、世界へ向けたプロモーションをSNSで行います。
    MINDOLは、才能を持つ人物を発掘し世界に発信することで様々なビジネスをグローバルに展開していきます。
    詳細は[インフルエンサー投票]をご覧ください。

絵師コンテスト 

  • MINDOLをテーマに絵を描いてくれる「絵師」を募集しコンテストを開催。MINDOL株式会社が100の入賞作品を決定し、さらに投票により、グランプリ1名、金賞1名、銀賞1名、銅賞1名、入賞者96名を決定したには賞金が日本円で付与。賞金総額1000万円作品集も出版されます。
    キャラクター、アニメ、声優などのプロデュースで実績のある株式会社タッチプラン二ング(代表者 有賀達也)を中心に、絵師作品集の出版、今秋放送予定のテレビ番組と連動させて選ばれた作品を人気人形師によりフィギュア化、フィギュアのイベント、ワンダーフェスティバルでの販売など様々な事業を計画しています。
    詳細は[絵師コンテスト]をご覧ください。

ファン参加型アニメ制作 

  • 「そらのおしごと」は、防衛省協力の大空と航空学校を舞台に織りなすアクション青春ファンタジーです。MINDOL保有者が当アニメ制作に直接参加、支援に関われる場を提供します。
    具体的には、キャラクターデザインや声優への参加、キャラクターデザインや声優の人気投票、支援(エンドロールに名前記載)、アフレコ現場などの見学、関係者試写会への招待などを計画しています。
    アニメ完成後には、MINDOL株式会社が下記著作権を管理し、様々な事業を展開していきます。
    ・ビデオグラム化権(DVD/Bray)
    ・商品化権(ゲーム、キャラクターグッズ等)
    ・音楽出版権(声優イベント、テーマ曲の出版等)
    ・放映権・映画化権(テレビ放送、映画等)
    詳細は[ファン参加型アニメ]をご覧ください。

今後のプロジェクト


  • インフルエンサー投票に続くTV番組と連動した投票
  • ボーカロイドの女性アイドルデビュー
  • 声優プロデュースによるZ級グルメ博
  • コスプレイヤー オーディション
  • VR企画
  • アニソンDJクラブイベント
  • 声優カフェ

ブロックチェーン技術活用

本プロジェクトでは、主に以下の2つのサービスを実現するために、インターネット上で高い透明性と信頼性を確保できるブロックチェーン技術を採用している。


著作権の管理

  • 個人の企画やアイディアあるいは個人が作成した著作物に関わる各種権利についての許可をブロックチェーン上で管理することで著作物使用の認可や課金の仕組みを構築する。

投票の透明性

  • 支援者が気に入った人材やプロジェクトに対して投票や寄付をするなど受益者と支援者をつなぐための改ざん不可能な透明性の高いプラッホームを構築する。

MINDOLトークンの活用

  • MINDOLトークン保有者は、本プロジェクトで創造する事業やサービスの全てにアクセスが可能であり、その利用シーンは商品購入時の決済をはじめ、コンテンツ閲覧、アイディアや企画の売込み、人気投票、イベントへの参加、プロジェクト支援などなど多岐にわたる。

MINDOLトークンの特長

MINDOLトークンは、ビットコインのブロックチェーンを使用している仮想通貨XCP(カウンターパーティー)のハードフォークとして生成されている。XCPは2017年にホワイトリストにも追加された国のお墨付きの信頼性が高い仮想通貨であり、現在国内ではZaif(ザイフ)で取り扱われている。そのため、MINDOLトークンは、セールス終了日の翌日(平成30年6月1日以降順次配布)からはZaif(ザイフ)を通じてマーケット価格で売買可能となる(セールス期間中はシステム的にロックをかけているため売買不可)。他の多くのトークンが、取引所(しかも海外)に上場するまでに多くの時間を要し換金できないのとは決定的に異なる点である。


MINDOLトークンの将来性

当社は、MINDOLトークン保有者の経済的メリットを考慮し、以下の向上に努める。
① トークン流動性の向上
② トークン時価総額の向上
具体的には、インフルエンサー投票プロジェクトを通じて人材を発掘し、数百万人以上のフォロワー数の動員、今秋予定のテレビ番組との連動、海外ソーシャルメディア戦略のトップコンサルタントによるグローバルな展開を通じて、国内外でMINDOLの知名度を発信しし続ける。また、MINDOLトークンは、Zaif同様、XCPを取り扱う海外の分散型取引所でも売買できるため、MINDOLプロジェクトを積極的に海外に発信し、海外のMINDOL保有者数を拡大していく。併せて、MINDOL保有者に対する様々なサービスを提供し安定保有者を増やし、本プロジェクトで得た収益をMINDOL保有者に還元するためにマーケットからMINDOLトークンを定期的に購入する(自社買い)計画がある。


トークン(スケジュール)


基本情報

  • 名称:MINDOL
  • シンボル:MDL
  • 総発行枚数:240,000,000MDL(2.4億枚)発行枚数の増減無し(枚数ロック


セール詳細

  • MDLの取得対価となる仮想通貨(セール中):BTC(ビットコイン)またはETH(イーサリアム)
  • MDLの取得対価となる仮想通貨(トークン配布後):XCP(カウンターパーティー)
  • セール期間:2018年4月16日〜2018年5月31日(セール状況に応じて日程は予告なく変更となる場合があります。各ステージで定められている終了日以前に発行枚数上限の参加申込が達成された場合には、次ステージの開始日を変更する場合があります。日程変更の詳細は当ウェブサイトでお知らせします。)
  • STAGE⓪
    ・無料配布キャンペーン(先着1,000名様に1人200MDLをプレゼント)
    ・価格:1MDL = ¥0
    ・発行枚数上限:200,000MDL
    ・日程:2018年4月4日〜2018年4月15日
  • STAGE①
    ・価格:1MDL = ¥50
    ・発行枚数上限:12,000,000MDL
    ・日程:2018年4月16日〜4月30日
  • STAGE②
    ・価格:1MDL = ¥80
    ・発行枚数上限:36,000,000MDL
    ・日程:2018年5月1日〜5月15日
  • STAGE③
    ・価格:1MDL = ¥130
    ・発行枚数上限:72,000,000MDL
    ・日程:2018年5月16日〜5月31日
  • 2018年6月1日以降に順次トークンを配布。以降、推奨する分散型取引所で売買可能。

シェア

  • 創業者メンバーを含むステークホルダー保有分の50%を除く50%のトークンをトークンセールで配布
  • STAGE⓪
    ・50%
    ・120,000,000MDL(ステークホルダー保有分 + 無料キャンペーン配布分)
  • STAGE①
    ・5%
    ・12,000,000MDL
  • STAGE②
    ・15%
    ・36,000,000MDL
  • STAGE③
    ・30%
    ・72,000,000MDL

注意事項

  • トークンセールへの参加は、利用規約への同意が要件となります。 詳細は[法律上の表記等]をご覧ください。

プロデューサー


株式会社ロコモーション 

  • 代表者 伊藤輝夫(テリー伊藤)
    「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」や「ねるとん紅鯨団」他、常に時代のトレンドを創り上げ、現在の日本のバラエティ番組の基礎を築いた鬼才・テリー伊藤率いる企画・プロデュース集団。番組を通じて素人や料理人をタレント化したり、商品販売に結び付けるプロデュース力に定評があり、常にムーブメントを起こし続けている。
    代表作品:「浅草橋ヤング洋品店」 「ミニスカポリス」 「給与明細」 「ありえへん∞世界」 他
ロコモーション社の番組実績

株式会社タッチプランニング 

  • 代表者 有賀達也
    日本テレビ宣伝チームの一員として4冠王に貢献。情報、音楽、アイドル、声優、ゆるキャラ、アイドル番組分野に置いて地位を築く。近年は映画製作に進出 2017年に製作した「cycle-cycle」はフランクフルト映画祭で最優秀作品賞グランプリを受賞。代表作品「ZIP!」「シューイチ」「プレミアムスウィッチ」「秋葉な連中」「玉ニュータウン」他
タッチプランニング社の番組実績
関連会社ジェイキャスト社の番組実績

Neal Schaffer ニール・シェーファー 

  • SNSトップコンサルタント
    米国Forbes誌の「Top30 Social Salespeople in the World」 「Top50 Social Media Power Influencers」 (世界で最も影響力のあるソーシャルメディアインフルエンサー) にランクインしているトップコンサルタント。Facebook創始者Mark Zuckerbergと共にマーケティングリーダーの10人に選出される。

塩川 和則 

  • メディアプロデューサー
    元・TBSプロデューサー、アミューズの執行役員を務め、現在はプレミアムエンターテインメント代表取締役会長CEO。数々の人気・名物番組を手掛け、バラエティの神様と呼ばれた。MINDOLプロジェクトでは幅広い人脈と経験を活かしてコンテンツの普及に協力を行う。
    代表作品:バラエティ「8時だョ!全員集合」「ザ・ベストテン」「ウンナンのホントコ」「ギミア・ぶれいく」「うたばん」「ワンダフル」「学校へ行こう!」「ガチンコ」「未来日記」ドラマ「うちの子にかぎって1・2」映画「未来日記」他

伊予木 敏郎

  • メディアプロデューサー
    昭和53年朝日テレビにて舞台美術、美術装飾関係を専門で手がける。美術プロデューサーとして有名な舞台を幾度となく設営。31歳の時に石ノ森章太郎氏らと共に映像技術、制作業務の企業を日商岩井と合弁で立ち上げる。
    主作品:林家新平と共に映画「深海獣レイゴー」製作。松本零士原作「マリンスノーの伝説」劇場版3Dアニメーション企画開発。2013年全国劇場公開 比嘉愛末主演「飛べ!ダコタ」チーフプロデューサー。「ビートたけしの気分はパラダイス」アートディレクター。他

資金使途


  • トークンセールで調達した資金の使途配分は以下のとおりに使われる予定です。(セール状況に応じて資金使徒、使途配分は予告なく変更となる場合があります。変更の詳細は当ウェブサイトでお知らせします。)
  • 約35%:
    コンテンツ開発費(映画制作費やTV番組予算)
  • 約35%:
    システム開発費(トークンを利用したサービス提供にかかるシステム開発)
  • 約20%:
    PR(賞金やプロモーション費)
  • 約10%:
    法人運営経費

システム


  • MINDOLトークンは、ビットコインのブロックチェーン上に作られている分散型金融プラットフォームであるCounterparty(XCP)を使用しております。
  • システムや市況に応じて海外取引所でのICOも検討中。詳細は未定です。確定次第当ウェブサイトでお知らせします。