MINDOL

リフォームするまでの流れ

MINDOL推薦リフォーム見積もり一括サイト




リフォームを考えていても、実際にどのような行動を起こせばいいのかわからない方も意外と多いのではないでしょうか。
リフォームをする際の大まかな流れを覚えておくといいでしょう。

資金計画

まずはリフォームにどれだけ使えるかを計算します。ローンのご利用をお考えでしたら、ローンの減税や補助金が出るかを確認し、毎月どれくらいの返済額だったら問題なく支払いしていけるかをチェックしておくといいです。金融機関のシミュレーションサイトを使えば効率よく試算できるので便利です。

情報をできるだけ集める

リフォームの予算がどれくらいか決まったら、リフォーム専門誌やインターネット等からリフォーム会社にはどのようなところがあるのか、自分が希望するリフォームを得意としている建築家やリフォーム会社があるのか、建材にはどのようなものがあるのか等々できるだけ多くの情報を収集するようにします。その際は気に入った写真等があればピックアップしたり、どこをどのようにしたいのか要望をまとめておくといいです。

リフォーム会社を選ぶ

情報を集めて依頼先のリフォーム会社を何社かに絞ったら、現場調査のアポイントメントを取り、リフォーム会社や建築家に実際に足を運んでもらうようにします。
現場調査とはリフォームする一戸建てやマンションの状態確認や採寸等をしてもらうことであり、プランを作成する際には欠かせないことです。
このときにピックアップした写真を見せたり要望を伝え見積もりを依頼します。
見積もり依頼は1社に絞らずに複数のリフォーム会社に依頼するようにし、金額や建材、リフォーム内容をよく比較検討し会社を選ぶようにします。

MINDOL推薦リフォーム見積もり一括サイト




契約

複数のリフォーム会社から依頼するところが決まったら、細かな打ち合わせに入っていきます。
時間をかけて打ち合わせを行うことになるので、建材やプランに変更が生じ、当初の見積もりよりも高くなってしまうことがありますが、ある程度の変更は良くあることです。
契約した後に作業の追加や変更があると余計に費用がかかってしまい予算が大幅にオーバーするケースがあるので、契約を交わすのは打ち合わせ作業が大詰めに差し掛かってからにするといいです。

着工、竣工、引き渡し

リフォームの工程表を現場監督からもらい、スケジュールを確認します。この際に疑問点は解決しておくようにします。
工事完了後に施主点検行い、細かな説明を受け、保証書等を受け取り引き渡しとなります。

関連記事一覧