MINDOL

住宅のメンテナンス周期について

住宅は一定周期でのメンテナンスは必要不可欠です。
必要不可欠なメンテナンスを怠ってしまうと、外観の美しさが損なわれてしまったり、住宅の耐久性が落ちてしまったり、使い勝手が悪くなったりするので、住宅を長持ちさせるためにもできるだけ早めに対処していくことが大切です。早めに対処しておけば防げることも多いです。
例に挙げると外壁の塗替えの際にヒビを発見したとします。その時にヒビの補修をしておいたことで、結果的に雨漏りを阻止でき、内部の腐食を防ぐことができるということです。

具体的なメンテナンス周期

外壁

モルタル下地吹付:補修塗直し・・・7年から10年毎
サイディング:補修・・・5年から7年毎 塗替え検討・・・10年から15年

屋根

瓦:部分的補修・・・5年から6年毎 葺替検討・・・20年から30年毎
化粧スレート:部分的補修・・・5年から6年毎 塗替検討・・・7年から10年 葺替検討・・・15年から20年

設備

ガス給湯器:取替検討・・・10年から15年
バス、トイレ、キッチン:取替検討・・・10年から20年
給排水管:補修洗浄・・・5年から10年毎
電気設備(コンセント等):取替検討・・・15年から20年

内装

フローリング(床):張替検討・・・15年から20年
カーペット(床):張替検討・・・5年から10年
ビニールクロス(天井、壁):張替検討・・・10年程度

躯体(くたい)

柱、梁:補修補強検討・・・20年から30年
土台、床組:補修補強検討・・・20年から30年

建具(たてぐ)

玄関ドア、室内ドア:取替検討・・・15年から20年
サッシ:取替検討・・・15年から20年

リフォームを考えるきっかけ

リフォームをしようと考えるきっかけで多いのが設備機器の老朽化による不具合です。
生活に直結しているので不具合が出て困るだけではなく、最新の設備機器と比較すると使い勝手や機能、デザイン等が全く違うので、アップグレードしたいと思うことが多いようです。どうせなら設備機器だけではなく、全体をリフォームしたいと思うようになり、大規模なリフォームに発展することも珍しくありません。

また、住んでいる方が高齢になったり、体が不自由になったりするのもリフォームの動機につながります。
例に挙げると家の中の段差を無くしてバリアフリーにしたい、浴室が寒いので暖房を付けたい等が挙げられあります。
子どもが生まれたりして家族構成が変わった場合や物が増えすぎて収納を増やしたい場合、間取りを良くしたい等もリフォームのきっかけになります。

日々暮らしていく中で、不具合を感じるようになったら、メンテナンス時期を考慮に入れつつリフォームを視野に入れて考えるのがいいでしょう。

関連記事一覧