MINDOL

リフォーム工事費用を支払う時期について

MINDOL推薦リフォーム見積もり一括サイト




リフォームの工事費用は、1回で支払うわけではありません。
小規模のリフォームであっても、総額の2分の1を施工前に支払い、工事完了後に残りの金額を支払う事があります。
大規模なリフォームであれば、契約時・着工時・工事完了時の3回払いのケースが多いようです。
ケースによっては工事の中間で支払う事もあり、そういった場合は4回に分けて支払います。

支払い比率と回数の例

着工時や工事中間の支払いは、材料費の調達や職人の人件費などに使うための、前金という意味合いになります。
これは建築業界の慣例的な仕組みです。

支払いの回数や時期は業者によって異なりますので、事前に支払い時期を確認して、その費用を準備しておく必要があります。
それらは契約前にしっかり確認し、契約書に明記するようにしましょう。

ローンを利用する場合

リフォーム費用にローンを利用する場合には、その支払い時期に合わせて金融機関から必要な金額の融資を受ける事になります。
その都度必要な金額を融資してくれる金融機関もありますが、中には工事が完了してからまとめて融資を実行するという金融機関もあります。

MINDOL推薦リフォーム見積もり一括サイト




その場合は、工事前や途中に支払う金額は、「つなぎ融資」といって、別の融資を受けて支払う必要が生じます。
つなぎ融資を受ける場合、一般的に住宅ローンよりも金利が高くなる事が多いです。
工事が完了して住宅ローンの融資を受ける時に、その金利分も含めて精算しましょう。

また中古住宅を購入してリフォームする場合には、まず住宅の購入費用を支払いますが、その際につなぎ融資を使う事になるケースもあります。
この場合金額も大きくなる事が多いので、早めに確認するようにして下さい。

関連記事一覧