MINDOL

中古住宅を購入してリフォームする場合の住宅ローン

MINDOL推薦リフォーム見積もり一括サイト




以前は中古住宅を購入してリフォームをしようとすると、住宅の購入には住宅ローンを利用し、リフォームの費用にはリフォームローンを使うか、または現金で支払うというのが一般的でした。
しかし近年、住宅購入に掛かる費用とリフォームに掛かる費用をまとめて「住宅ローン」で借りられる金融機関が増加しています。
手続きが1本で済むので便利な上、低金利で借りられるというのも大きな魅力です。

中古住宅を購入してリフォームする場合の流れ

気を付ける事

ローンの1本化をする際に気を付けないといけない事があります。
それは、住宅ローンを申込みする際に、リフォームの見積書や契約書も用意する必要がある事です。
購入する中古住宅が見つかったら、まず不動産会社に申し込みをして、その後にローンを組めるかどうか、金融機関に審査の申し込みをする事になりますが、その時一緒に、リフォームの見積書も提出を求められます。
また、不動産の売買契約後にローンの申し込みの段階で、リフォームの工事契約書を提出する必要があるケースもあります。

期間は1~2週間

しかし、住宅購入の申し込みから契約するまでの期間は、1週間から長くても2週間程度です。
場合によってはさらに急がされる事もあります。
その期間の間に、住宅購入の契約やリフォーム会社探しから見積もりなどを一気に行うのは、現実的に厳しいものがあるでしょう。

ですから、中古住宅の購入を検討している時点で、並行してリフォーム会社を探しておく必要があります。
リフォーム会社には、現在中古物件を探している旨を伝え、予算やリフォームの希望などを相談しておきましょう。
最近では中古物件探しからサポートをしてくれる、リフォームの会社もありますので、そういった業者を利用するのもいいでしょう。

MINDOL推薦リフォーム見積もり一括サイト




関連記事一覧