MINDOL

照明について

同一に揃えた光で部屋を照らす方法がかつては主流でしたが、最近ではリフォームをきっかけに同一に揃えずに様々な照明を設置して、それによる演出を楽しむ方が増えてきています。

照明の種類

天井の照明でメジャーなタイプは部屋全体を明るくする「シーリングライト」ですが、天井に埋め込む照明「ダウンライト」を複数設置すればやわらかい光を楽しむことができます。
埋め込むので天井はフラットになります。

絵画を照らすのに向いている光を集中させるスポットライトは天井にレールを設置し、スポットライトの位置を変更できる仕様にすることが多く、天井から吊るし、ダイニングテーブルを照らし料理映えが見込める「ペンダントライト」はデザイン性に富んでいるものが多く、大きさも自由に選ぶことができます。

天井ではなく壁の間接照明としては「ブラケット」があります。ブラケットにも様々な種類があり、部屋の奥行があるように演出する効果が見込めます。

照明の組み合わせ

照明を上手に組み合わせることでより一層の照明効果を得ることができます。例えば、ダイニングテーブルをダウンライトとペンダントライトで照らすことで分散された光と集中した光
がうまくバランスを取り、落ち着きがある空間を得ることができるので、食事の時間がより一層楽しいものとなるでしょう。

自宅に友人を招いてパーティをする機会が多い方はスポットライトを設置することで華やかさを演出できます。スポットライトがあるとないとでは雰囲気は大きく変わります。

廊下や階段を暗がりでも安全に安心して歩けるようにするフットライトを設置する方も多いです。

蛍光灯、白熱灯が今までは使われることが多かったですが、近頃はここにLEDが加わっています。LEDのメリットとして長寿命が挙げられます。
出始めた当初は値段の高さが目立ちましたが、普及するにつれて低価格になってきているので、LEDを取り入れる方も増えています。
もちろん様々な種類の照明にも対応しています。

照明に関してはコンセントやスイッチの位置等の配線計画の間取り図が完成した時点でリフォーム会社と綿密に打ち合わせをするようにしましょう。

関連記事一覧